Nuts Letter

料理家 栁川かおりとデルタ編集部がナッツ・ドライフルーツのある生活をご紹介します。

カテゴリ: クランベリー

ワインとドライフルーツ。

ワインとドライフルーツ。

お酒の弱い私はワインにも疎いのですが、この時期だけは少し別。ボジョレー・ヌーボーの解禁日が近くなると、街のいたるところで宣伝されているので、つい気になってしまいます。とはいえ。普段ほとんどワインを飲まない私は、どんな料理を合わせたらいいのかもよくわかりません。そんな時に簡単にワインとお料理を合わせる方法を教えてもらいました。

ドライフルーツキャンディー。

ドライフルーツキャンディー。

今年のバレンタインは我が家の息子もお友達からチョコをもらえたようで。ホワイトデー、どうする? と聞いたら、「そうだな~。何作る??」という答え。え? 作る??私は何を買う? という気持ちで聞いたのに、息子の中ではすでにお菓子を作ることになっているらしい。娘のバレンタインの様子を見ている息子にとっては、「お菓子=作る」とインプットされているのかもしれません。

クランベリーを詰めた焼きリンゴ。

クランベリーを詰めた焼きリンゴ。

紅玉りんごを見つけました。最近は、りんごもいろんな品種の名前でお店に並ぶようになって、「りんご」ではなく、品種で選ぶようになった。それぞれに甘さや酸味、食感も違って楽しいですよね。よく行くスーパーでも、数年前から紅玉もたくさん見かけるようになりました。紅玉は、酸味が強く、お菓子作り用。そんなイメージだったので、そのまま食べる訳にはいかないのかと思ったら、実はそのままで美味しい。

チキンに、クランベリーソース。

チキンに、クランベリーソース。
サンクスギビングデー(Thanksgiving Day)。聞いたことありますか? アメリカとカナダの祝日のひとつで、日本語では「感謝祭」と訳されるのだそう。普段は離れて暮らしている家族も、みんな集まって一緒に食事をしながら収穫の恵みに感謝する日、なんてところは日本のお正月に似てますよね。

ピンクなクランベリードレッシング。

ピンクなクランベリードレッシング。
ドライクランベリーの鮮やかな赤が好き。 「赤」と言っても、真っ赤な赤とは少し違った落ち着いた赤。お菓子にもお料理にも映えるから、少し入れるだけでもぱっと華やかで存在感もでる。これからのパーティーシーズンにもぴったりなドライフルーツ。 例えばサラダに入れてみる。このままサラダにのせるのも、もちろんいいのだけれど。昔から好きなのが、このドライクランベリーをドレッシングの方に入れること。

最新の記事

カテゴリ

過去の記事

pagetop