Nuts Letter

料理家 栁川かおりとデルタ編集部がナッツ・ドライフルーツのある生活をご紹介します。

カテゴリ: おやつ

二十歳のブルーベリー。

二十歳のブルーベリー。

大粒のオレゴン産ブルーベリーがぎっしりと詰まったブルーベリーのシロップ漬け。発売されて今年で20周年を迎えるのだそうです。その20年前、私は何をしていたのだろうと考えてみると、まだ学生だった! そこから今日までの時間の長さを思うと、かなり果てしない。人で言ったら二十歳の誕生日ですもんね。たくさんの人に親しまれているのだなぁと感じます。

マンゴーヨーグルトアイスバー。

マンゴーヨーグルトアイスバー。

我が家の子供たちに一番人気のドライフルーツは、もしかしたらドライマンゴーかもしれません。特に娘はフレッシュなマンゴーが大好きなんです。ドライマンゴーも袋を開けたら、2人で取り合いになってあっという間になくなります。そんな子供たちが好きな食べ方がもうひとつ。

陽だまりで、ロカボナッツ。

陽だまりで、ロカボナッツ。
やっと外で過ごすのにも肌寒さを感じなくなって、梅雨に入るまでは晴れの日が続く。ぽかぽかと暖かい今が、1年のうちで一番好きな季節。 私が住む雪国新潟は、冬の寒さから夏も涼しいと思われることもあるけれど、実は夏もしっかり暑くなる。冬は寒くて夏は暑いのです。春が来るのが少し遅くて、GW頃までは肌寒くて外で過ごせる雰囲気ではないけれど、代わりに梅雨入りが遅くてそれほど長く続かないということもあって、5月から6月が一番過ごしやすいのです。

レーズンバター。

レーズンバター。
ドライフルーツが中途半端に残った時には、ドライフルーツバターをよく作ります。作り方は簡単で、好きなドライフルーツとバターを混ぜておくだけ。ここ最近は、ドライフィグやドライパイン、ドライクランベリーで作ったかな?このドライフルーツバターのアイディアは、レーズンバターから。

殻つきアーモンド。

殻つきアーモンド。
殻つきのアーモンドを初めて見ました。もちろん、いつも食べているアーモンドの状態のまま木になっているとは思ってはなかったけれど。 こうやって殻つきを改めてみると、種だったんだなぁということが想像できる。子供たちと一緒におやつに食べてみることにしたのだけれど、食べる前にいろんな疑問がたくさん出てきたのです。

バレンタインのあとは、ロカボクッキー。

バレンタインのあとは、ロカボクッキー。
最近のバレンタイン。女の子は友チョコに忙しい。 我が家の娘も同じくで。友チョコが年々増えてきているところ。3連休はチョコ、チョコ、チョコ! の毎日。 作るとなると当然味見もしないといけないから、かなりの量を食べていたような。。。バレンタインのあとは、おやつも少し控えようとも思うのだけど、やっぱり何か食べたくなる。そこを食べずに我慢するのは寂しいのです。

冬のおやつに。ラビトスロワイヤル。

冬のおやつに。ラビトスロワイヤル。
男の子は家で何をして遊んでいるんだろうと、よく悩む。女の子のことなら、自分が小さかった頃を思い出したりすれば想像がつくけれど、 男の子は未知。我が家の息子は、家ではいつもゲームで遊んでばかりで。 これは何とかしないと! と、新年に思い立ち、今年は本を読もうよ! と提案したのです。学校でいつもいっぱい読んでるよ~って、 少し渋ってた息子だけど、絵がいっぱいある本でも漫画でもいいよ! という条件で、一方的に今年の「頑張ること」に決定。

贅沢ブルーベリータルト。

贅沢ブルーベリータルト。
フルーツは何でもそうだけど、フレッシュなものと、加熱したものとでは違うおいしさがある。そういうところ、娘の好みははっきりしているのです。例えばイチゴ。生のイチゴは大好きだけど、イチゴジャムは苦手なんだそう。きっとフルーツの酸味と自然な甘さ、フレッシュな果汁とか。そういう“果物らしさ”が好きなのだと思う。

「素焼き」と「生」の、アーモンド。

「素焼き」と「生」の、アーモンド。
いつも食べているアーモンドが普通だと思っていたけれど、よくよく考えてみたら、このまま実になっているわけではないですよね。当たり前と言えば当たり前なのかな?だけど、ふと忘れてしまっている。よくあるおつまみやおやつに食べるアーモンドは、「素焼き」済み。「生」のも、もちろんあるんです。

紅茶と、ドライパイナップルと。

紅茶と、ドライパイナップルと。
実は、コーヒーが苦手な私。 あんな苦いものをよく飲めるなぁと子供の頃からずっと思っていたけれど、それは大人になっても変わらずでした。それが、ここ最近になってようやく飲めるようになってきたのです。ただし、「たっぷりのミルクを入れて飲む」、「飲むなら朝」という条件付き。コーヒーというよりもカフェオレが好きなのかもね。最近は朝ごはんにカフェオレをよく飲んでいるけれど、ブラックまでは手が出せていない私にとっては、いまだに「あんな苦いもの」です。
12

pagetop