Nuts Letter

料理家 栁川かおりとデルタ編集部がナッツ・ドライフルーツのある生活をご紹介します。

夏のブルーベリー。
カテゴリ: おやつ, 栁川かおり, ブルーベリー

夏の朝は、スムージーをよく作る。体も特にカラカラなので、朝起きてすぐにごくごく飲めるような、さっぱりとしたものが好き。朝一番に食べるものは、体へどんどん吸いこまれるような気がしてきます。りんごとバナナ、小松菜で作るグリーンスムージーが我が家の定番だけど、真夏になるとりんごが旬から外れてしまうので、夏は夏用のスムージーもよく作ります。スイカに生姜を少し入れたり、桃とトマトを合わせたり。夏が旬なブルーベリーをたっぷり使ったスムージーも作りたくなる。

 

 

ブルーベリーの実とシロップ、氷を全部一緒にミキサーにかけたら、あっという間にブルーベリースムージーの出来上がり。お菓子ほどは甘過ぎず、フレッシュなブルーベリーのようなさっぱりとした自然な甘さで、砕いた氷の粒がシャーベット状になってシャリシャリとひんやり飲める。夏の朝にぴったりな1杯。ここにトッピングしたブルーベリーの実も同じ瓶のものだけど、実はちょっとひと手間あるのです。

保存用袋に生ブルーベリーシロップ仕立ての実を入れて凍らせたフローズンブルーベリー。収穫後すぐシロップ漬けにしているので、冷凍しても摘みたての新鮮さを感じられる。冷凍すれば長持ちするので、一石二鳥の保存法。そのまま食べるだけじゃなく、これを使ってアイスを作るのもおススメ。

 

 

凍ったブルーベリーに、牛乳と生クリーム、砂糖を加えてミキサーにかけるだけ。凍らせてあるおかげで、柔らかいソフトクリームのようになるのです。これを冷凍庫で少し冷やしてあげると、あっという間にブルーベリーアイスクリームが完成。凍らせたフルーツで作ると短時間で作れて、途中で混ぜなくてもいいし、何よりお店のような滑らかな仕上がりになるところもお気に入り。

 

 

そうそう。ここにもフローズンブルーベリーのトッピングを忘れずに。シャリシャリ感がさらに加わって、よりさっぱりです。

今回使った商品

オレゴン ブルーベリーシロップ仕立て
オレゴン ブルーベリーシロップ仕立て
Oregon Blueberry in Light Syrup (850g)
記事ライター
柳川かおり
栁川かおり
医師、料理家。
2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。
2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

最新の記事

カテゴリ

過去の記事

pagetop