Nuts Letter

料理家 栁川かおりとデルタ編集部がナッツ・ドライフルーツのある生活をご紹介します。

クルミ味噌。
カテゴリ: 栁川かおり, 朝ごはん, クルミ

クルミ味噌を作った。

作り方は簡単で、クルミを砕いて味噌と砂糖と合わせるだけ。クルミもすり鉢ですったりする必要はなくて。厚手の保存用の袋に入れて麺棒で叩いて砕けばO.K.。

クルミの粒が不揃いな方がむしろ好きで、細かいクルミは味噌としっかり馴染むし、大きく残った固まりは、カリッとしたいいアクセントになる。お砂糖の量も好みがあるけれど、私は少し甘めに作るのが好き。

こういうちょっとした調味料は常備しておくと何かと便利。ほかほかごはんにのせたり、おにぎりにしたり。ごはんとの相性は抜群なのだけど、他にもいろいろ合わせられます。

例えば風呂吹き大根に。もちろんそのままのせるだけでもいいけれど、柚子の皮をプラスするのも好き。固めの味噌だけど、食べる時に大根からじゅわっと出てくる水分のおかげで意外と馴染むのです。

野菜と和えたらあっとう間にクルミ味噌和えに。こごみのような山菜と和える時は、マヨネーズを足しても。クルミの香ばしさとマヨネーズのおかげで、山菜のほろ苦さも和らぎますね。

生野菜と合わせる時は、ドレッシングにするのも手。オイルとお酢を加えて混ぜ、ほんの少し水を入れて伸ばしたら、ほんのり和風なクルミ味噌ドレッシング。固まりのクルミがサラダのトッピングのようにもなって一石二鳥。サニーレタスと紫玉ねぎ、豚しゃぶ肉でボリュームアップしたら、最後にパクチーも。クセの強い野菜と合わせても負けません。

冬はもちろん、春野菜とも相性のいいクルミ味噌。今が一番作りたくなる季節かもね。

    

今回使った商品

クレイン社カリフォルニア生クルミ454gパック
クレイン社カリフォルニア生クルミ454gパック
California Walnuts Fresh Pack (454g)
記事ライター
柳川かおり
栁川かおり
医師、料理家。
2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。
2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

最新の記事

カテゴリ

過去の記事

pagetop