Nuts Letter

料理家 栁川かおりとデルタ編集部がナッツ・ドライフルーツのある生活をご紹介します。

サルタナレーズンって?
カテゴリ: 栁川かおり, 朝ごはん, レーズン, おつまみ

今年の夏は我が家のお庭のトマトが豊作でした。それもとっても甘い! 美味しそうなフルーツトマトの品種の苗を選んだというのもあるけれど、お店で売っているトマトと変わりないくらい美味しいよねー! って。我が家はみんなで自画自賛していました。

 

引っ越してから4年目の夏。お庭作りも同時にスタートしたけれど、1年目のトマトは全然甘くなく、かなりがっくりしたもの。それが年々少しずつ土もよくなってきたようでミミズもたくさん出てくる。野菜のおいしさは品種だけじゃない。土や水、日当たりや気温、風や湿度も全部かかわってくる。その土地で美味しくなるにはそれなりに訳があるはずだと、改めて気が付いた夏でした。

そんな風に思ったきっかけは、サルタナレーズン。

普段よく見かけるカリフォルニアレーズンに比べると、色が薄くて少し緑がかった印象。ぶどうの品種が違うのだと思っていたけれど、実は同じだったというのに驚きました。

じゃあ、この違いはどこから? 栽培から収穫、天日干しの過程での気候が違うからだそう。土や気温だけじゃなく、雨の量や日照時間でも甘さや酸味が変わるのだとか。カリフォルニアの方が期間を長くかけてしっかり乾燥させるのでより濃い色でしっかりとした食感に。それに比べるとサルタナは実が柔らかくて甘さがすっきり。ぶどう本来の酸味や香りが感じられるという特徴が出る。

そういう違いがわかると、自分の好みに合わせて選ぶ楽しさが増える。レーズンは今までお菓子やパン作りに使うことが多かったけれど、サルタナレーズンなら、料理にも取り入れやすい気がするのです。

よく作るかぼちゃとクリームチーズのサラダ。

かぼちゃにクリームチーズとハム。半分ヨーグルト入りのマヨネーズで和える。ここに入れるレーズンも、少し酸味の残るサルタナなら、よりさっぱりすっきりした味わいに。

 

チキンソテーには、軽く刻んで砕いたアーモンドと一緒にソースにしてみる。お砂糖を使わずにレーズンの甘さで味付けするのです。いつもははちみつやみりんを入れていたけれど、醤油を入れるだけで十分。程よく自然の甘さのついたソースになった。

レーズンを選ぶ楽しさは、料理の幅が広がる楽しさにもなりました。

今回使った商品

オスマン社トルコ産サルタナレーズン
オスマン社トルコ産サルタナレーズン
Turkish Golden Raisins
記事ライター
柳川かおり
栁川かおり
医師、料理家。
2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。
2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

pagetop