Nuts Letter

料理家 栁川かおりとデルタ編集部がナッツ・ドライフルーツのある生活をご紹介します。

ご褒美フィグ。
カテゴリ: 栁川かおり, フィグ, イチジク

洋酒を思わせる甘い香りと柔らかい果肉、プチプチの種が楽しいドライフィグ(イチジク)は、大好きなドライフルーツ。お店でイチジクを使ったパンやお菓子を見かけると、つい惹かれてしまうのだけれど、リッチで贅沢なイメージもある私にとっては、自分へのちょっとしたご褒美を買う気分にさえなるのです。

フィグ1_mini (1)

そんな“ご褒美”の中でも、すごくお気に入りだったもの。

ひとつは、イチジクとクルミの入ったカンパーニュ。一時期かなりはまっていて、自分でもドライフィグ入りのパンを作ったりもしていたことも。だけど、ゆっくりパンを焼く時間がないこの頃で、代わりにバターに刻んだドライフィグを混ぜた“フィグバター”を作ってみる。

フィグバター2_mini (1)

作りたてよりも一度冷蔵庫で寝かせた方が、イチジクの実も柔らかくなって甘さもバターに馴染んでくる。バターは有塩の方が絶対に好き! バターの塩味とイチジクの甘さが一緒になるとちょうどいい。これをバゲットにたっぷり塗って食べたら、おうちでも手軽に楽しめるイチジクのパン。

それから2つめは、イチジクのトリュフ。フルーツとチョコの組み合わせはポピュラーではあるけれど、イチジクは初めてで。この美味しさにはかなり感動したのです。

次はこの組み合わせも作ってみよう。あんなに滑らかなトリュフは作れないから、今年のバレンタインに娘が作ったチョコバーを思い出して。グラノーラとドライフィグを溶かしたチョコと混ぜて固めるだけの、お手軽なチョコバーを作ってみる。

チョコバー3N_mini (1)

ザクザクのグラノーラに柔らかいフィグ。そこにこの甘~いチョコが、疲れた時には特に染みる美味しさ。簡単で美味しいのだけれど、切り分けにくいのが唯一の難点。ナイフを入れるとたくさんの欠片が落ちてきて、チョコバー自体も割れてしまうことも。チョコバーをみんなで食べてしまった後のこの破片が、私にとってはうれしい副産物でした。

フィグアイス2_mini (1)

バニラアイスにたっぷりと振りかけてみたら、思いがけずにリッチなデザートの完成。

そのまますくって食べても、しっかり混ぜてなじませてもまたおいしいのです。
自分へのご褒美が、またひとつできました。

今回使った商品

オスマン社トルコ産大粒白いちじく
オスマン社トルコ産大粒白いちじく
Turkish Dried Whole White Figs
記事ライター
柳川かおり
栁川かおり
医師、料理家。
2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。
2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

pagetop