Nuts Letter

料理家 栁川かおりとデルタ編集部がナッツ・ドライフルーツのある生活をご紹介します。

お正月は、ロカボナッツパウダー。

お正月は、ロカボナッツパウダー。

毎年お正月には小豆を煮る。おもち用に作るのだけど、小豆と人気を争うのは、やっぱりきな粉。どっちも食べたいから、どっちも用意はするのだけれど、今年のきな粉は少しパワーアップ。ただのきな粉ではなく、ロカボナッツと一緒になった「ロカボナッツパウダーwithきな粉」。

クリスマスのリースケーキ。

クリスマスのリースケーキ。

大掃除のこの時期になると、キッチンの奥底から普段あまり使わないキッチン用品に出会う。特にケーキやパンの型。つい、いろいろな形や大きさのもが欲しくなって、その時々で自分の中での流行のようなものがある。でも、手を出してみてはいいけれど、いつの間にか使わなくなってしまうものも少なくないのです。

ベイクドチーズ×アーモンド。

ベイクドチーズ×アーモンド。

インスタグラムをみるようになってから、他の国の料理を目にすることがより増えた気がします。日本人の感覚とはまた少し違う食材の使い方や組み合わせ方があって、それがとても面白いのですが、チーズ好きな私は、チーズの使い方に目がいくことが多いかもしれません。

クランベリーを詰めた焼きリンゴ。

クランベリーを詰めた焼きリンゴ。

紅玉りんごを見つけました。最近は、りんごもいろんな品種の名前でお店に並ぶようになって、「りんご」ではなく、品種で選ぶようになった。それぞれに甘さや酸味、食感も違って楽しいですよね。よく行くスーパーでも、数年前から紅玉もたくさん見かけるようになりました。紅玉は、酸味が強く、お菓子作り用。そんなイメージだったので、そのまま食べる訳にはいかないのかと思ったら、実はそのままで美味しい。

枝付き干しぶどうを食べながら。

枝付き干しぶどうを食べながら。

秋になると、ゆっくりとお茶を飲むことが増えてくる。夏の冷たいドリンクは冷蔵庫から出してすぐにごくごくっと飲み干してしまうから、あっという間。それが、温かいお茶になると、お湯を沸かしてお茶を蒸らして、飲めるくらいの適温になるまで待つ時間ができる。実は私、結構な猫舌なのです。

二十歳のブルーベリー。

二十歳のブルーベリー。

大粒のオレゴン産ブルーベリーがぎっしりと詰まったブルーベリーのシロップ漬け。発売されて今年で20周年を迎えるのだそうです。その20年前、私は何をしていたのだろうと考えてみると、まだ学生だった! そこから今日までの時間の長さを思うと、かなり果てしない。人で言ったら二十歳の誕生日ですもんね。たくさんの人に親しまれているのだなぁと感じます。

サルタナレーズンって?

サルタナレーズンって?

今年の夏は我が家のお庭のトマトが豊作でした。それもとっても甘い!美味しそうなフルーツトマトの品種の苗を選んだというのもあるけれど、お店で売っているトマトと変わりないくらい美味しいよねー!って。我が家はみんなで自画自賛していました。

ロカボなオイルソース。

ロカボなオイルソース。

はじめての。オイルソースに、少し抵抗があった私。なんだかカロリー高そうだし、オイルをいっぱい食べるのもね…なんて思っていた。だけど、オイルは魔法の調味料。少しプラスアルファで風味がアップしたり、急に本格的な味になったり、食材がしっとりとしたり。料理には欠かせない存在ですよね。

マンゴーヨーグルトアイスバー。

マンゴーヨーグルトアイスバー。

我が家の子供たちに一番人気のドライフルーツは、もしかしたらドライマンゴーかもしれません。特に娘はフレッシュなマンゴーが大好きなんです。ドライマンゴーも袋を開けたら、2人で取り合いになってあっという間になくなります。そんな子供たちが好きな食べ方がもうひとつ。

夏はエスニック。

夏はエスニック。

夏になるとスパイスや辛味が欲しくなるせいか、エスニック料理を作ってみたくなる。普段は和食ごはん中心で、洋食をたまに程度。中華料理っぽいものなら作ることもあるけれど、エスニックとなると急に敷居が高くなる。

最新の記事

カテゴリ

過去の記事

pagetop