News 新着情報

2015年 デルタアーモンド情報(カリフォルニア エルニーニョ現象について)2015年10月21日

アメリカ海洋大気庁が今冬の天候、
干ばつに関するニュースを発表いたしました。
東部/中部太平洋赤道域の海面温度が上昇する現象である
エルニーニョ現象は2年~5年毎に発生し、
北米で一番影響を及ぼす時期は冬の時期だと言われています。
しかし、エルニーニョの影響の出方はどこで海面水温が高くなっているかにより、
現在、平年より多い雨を降らせる兆候が見られ、
カリフォルニア州のほぼ全域で干ばつの状況が
改善されることが期待されています。

気象庁は1997-1998年の冬場に発生したスーパーエルニーニョと同様の傾向を予想しており、
今回の予報は特に重要で、以前気象庁が予報していたより
広範囲で多くの雨が降ることが予想されています。

そのため、カリフォルニア州南部、サンフランシスコ ベイエリアだけではなく
山岳部にも雨を降らせ、カリフォルニアの貯水量、
積雪量にもメリットをもたらすと考えられています。
以下は今シーズンの冬場の降水分布予想です。

151021アーモンド情報

気候予測センターは現在太平洋の赤道付近において、
活発なエルニーニョ現象の発生を発表しています。
最新の発表では95%の確率でエルニーニョ現象が冬場の間続くとの事で、
エルニーニョの影響によりアメリカでは秋~冬の間に気候の変化が見られると考えられ、
それがこの降水分布に現れています。

予報では南西部での降雨が見込まれ、
中部~南部の干ばつを改善させる事が出来るのではないかと期待され、
また沿岸部、山間部地域の干ばつの状況も改善されることが見込まれています。

この活発なエルニーニョ現象が今年の冬の天候に影響するとアメリカ海洋大気庁のマイク・ハルパート氏は、
カリフォルニア州にとっては良い状況ですが、約5年続いている干ばつの状況は完全には改善する事は無いと見込んでいます。
また平年より多くの雨と雪が今年の冬に降っただけでは4年続いている干ばつを改善する事は出来ず、
カリフォルニア州に平年降雨量の2倍の雨が降らない限り干ばつは完全にはなくならないと言及しています。
エルニーニョによる気温の変化、降雨も大切だが、
エルニーニョだけではなく、寒気、降雪も今年あるのではないかとの予想です。

新着情報

Raw Materials 業務向け原材料

Market マーケット情報

2015年 デルタアーモンド情報(カリフォルニア エルニーニョ現象について)2015年10月21日

アメリカ海洋大気庁が今冬の天候、
干ばつに関するニュースを発表いたしました。
東部/中部太平洋赤道域の海面温度が上昇する現象である
エルニーニョ現象は2年~5年毎に発生し、
北米で一番影響を及ぼす時期は冬の時期だと言われています。
しかし、エルニーニョの影響の出方はどこで海面水温が高くなっているかにより、
現在、平年より多い雨を降らせる兆候が見られ、
カリフォルニア州のほぼ全域で干ばつの状況が
改善されることが期待されています。

気象庁は1997-1998年の冬場に発生したスーパーエルニーニョと同様の傾向を予想しており、
今回の予報は特に重要で、以前気象庁が予報していたより
広範囲で多くの雨が降ることが予想されています。

そのため、カリフォルニア州南部、サンフランシスコ ベイエリアだけではなく
山岳部にも雨を降らせ、カリフォルニアの貯水量、
積雪量にもメリットをもたらすと考えられています。
以下は今シーズンの冬場の降水分布予想です。

151021アーモンド情報

気候予測センターは現在太平洋の赤道付近において、
活発なエルニーニョ現象の発生を発表しています。
最新の発表では95%の確率でエルニーニョ現象が冬場の間続くとの事で、
エルニーニョの影響によりアメリカでは秋~冬の間に気候の変化が見られると考えられ、
それがこの降水分布に現れています。

予報では南西部での降雨が見込まれ、
中部~南部の干ばつを改善させる事が出来るのではないかと期待され、
また沿岸部、山間部地域の干ばつの状況も改善されることが見込まれています。

この活発なエルニーニョ現象が今年の冬の天候に影響するとアメリカ海洋大気庁のマイク・ハルパート氏は、
カリフォルニア州にとっては良い状況ですが、約5年続いている干ばつの状況は完全には改善する事は無いと見込んでいます。
また平年より多くの雨と雪が今年の冬に降っただけでは4年続いている干ばつを改善する事は出来ず、
カリフォルニア州に平年降雨量の2倍の雨が降らない限り干ばつは完全にはなくならないと言及しています。
エルニーニョによる気温の変化、降雨も大切だが、
エルニーニョだけではなく、寒気、降雪も今年あるのではないかとの予想です。

pagetop