Nuts Letter

料理家 栁川かおりとデルタ編集部がナッツ・ドライフルーツのある生活をご紹介します。

夏はエスニック。
カテゴリ: 栁川かおり, カシューナッツ, エスニック

夏になるとスパイスや辛味が欲しくなるせいか、エスニック料理を作ってみたくなる。普段は和食ごはん中心で、洋食をたまに程度。中華料理っぽいものなら作ることもあるけれど、エスニックとなると急に敷居が高くなる。

それでもここ最近は、田舎暮らしでも比較的食材や調味料も手に入りやすくなってきたと思う。いつも行く近所のスーパーも、よくよく探してみるといろんなスパイスや調味料があるからびっくりする。

それにナッツも。和食だとくるみや落花生を使うことが多いイメージだけど、エスニックとなるとカシューナッツかな?

 

前に、ペーストにしたカシューナッツを入れたカレーも作ったように、エスニック系の料理に沢山入っているイメージがある。中華料理なら鶏肉と一緒に炒めたり、お刺身のサラダに振りかけたりを想像してしまうけれど、今回はもう少しチャレンジの幅を広げてみたいなぁ。

 

はじめは焼きそばを作ろうと思っていたけれど、せっかくなのでパッタイを作ってみようと思い立つ。パッタイはタイ風の焼きビーフンといったところ。少し太目のビーフンに、海老やニラ、もやしに玉ねぎなどの野菜もたっぷり入れて。味付けは少し甘酸っぱくするのがタイっぽい。

少し調べてみると、沢庵漬けや梅干しも入れたりするのもいいのだとかで、冷蔵庫からごそごそと出してくる。ここにはやっぱりカシューナッツ。この香ばしくて甘味のある感じが好きで。開けるとついつまんでしまう。食べすぎる前に早く作らないと!

 

海老は最初に炒めて取り出して、野菜と麺を炒めたところに戻してあげる。合わせた調味料と最後にふわふわの卵も加えたら、ざざっと炒めて完成。そうそう。お皿に盛り付けてからのカシューナッツも忘れなく!

少し甘味が強かったかな? 少し唐辛子を入れてもよかったかも。。いろいろ改善点はあるけれど、甘酸っぱい味の中にカシューナッツの食感と香ばしさが加わって作って、なかなかのエスニック感! 作ってみれば、なんとかなるものだ。

想像以上にパッタイの気分を味味わえたのは、仕上げのカシューナッツのおかげかもね。

 

今回使った商品

くだもの屋さんの木の実シリーズ 深煎りカシューナッツ
くだもの屋さんの木の実シリーズ 深煎りカシューナッツ
Fruit Market Series
Dry Extra Roasted Cashew Nuts
記事ライター
柳川かおり
栁川かおり
医師、料理家。
2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。
2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

pagetop