Nuts Letter

料理家 栁川かおりとデルタ編集部がナッツ・ドライフルーツのある生活をご紹介します。

レーズンバター。
カテゴリ: おやつ, 栁川かおり, 朝ごはん, 枝付き干しぶどう

ドライフルーツが中途半端に残った時には、ドライフルーツバターをよく作ります。作り方は簡単で、好きなドライフルーツとバターを混ぜておくだけ。ここ最近は、ドライフィグやドライパイン、ドライクランベリーで作ったかな?このドライフルーツバターのアイディアは、レーズンバターから。

小さい頃はレーズンが苦手だったけれど、なぜかレーズンバターは好きでした。どんなところが好きだったのかというと、レーズンがバターと馴染んでしっとり柔らかくなってバターの塩味の中にレーズンの甘さが染み込んでいるところ。甘味×塩味のおいしさを知ったのも、きっと
レーズンバターからだったのかもしれません。

ここしばらくは他のドライフルーツで作ってばかりで、原点のレーズンで作ってなかったということを思い出す。レーズンバターを作るのは
久しぶりのこと。しかも今回は枝付き干しぶどう。ちょっと贅沢をしてしまったかな。

トーストはもちろん、ナッツの入ったハード系のパンに付けるのも好き。これがあると忙しい日の朝ごはんも、ドライフルーツのおかげで少し栄養バランスがよくなるし、気分もリッチになる。久しぶりのレーズンバターはやっぱり王道!しかも枝付き干しぶどうで作ったから、
粒も大きくて甘くて存在感もある。

そうそう。レーズンバターと言えば、レーズンバターサンドもある。これも“レーズンバター”という名ではあるけれど、パンに使うものとは少し違う。バターよりもふんわりと軽いバタークリームで、サクサクの軽いクッキーと一緒に食べるとさらにおいしい!この組み合わせを考え付いた人はすごいなぁと思う。レーズンバターついでに、レーズンバターサンドも作ってみたくなってきた。

サンドするレーズンバターは、有塩と無塩を組み合わせてホワイトチョコもプラス。軽さのあるバタークリームにするためにハンドミキサーでしっかり空気も入れてふんわり仕上げにした。レーズンはラム酒漬けにするのが本当だろうけど、子供たちもいるからここは省略。枝付き干しぶどうの枝からとってそのままサンド。収穫したてをサンドしているような錯覚にも感じて面白いのです。

出来上がったレーズンバターサンドは初めてにしてはなかなかの出来栄えになったかも。軽いクッキーとふんわり柔らかいレーズン入りのバタークリームで、ついつい手が伸びる。
次はこれを他のドライフルーツバターで作ってみるのもいいかも??それともこれはレーズンならではの美味しさなのだろうか。
お菓子を食べながらまた別のお菓子のことを考える。考え始めると本当にきりがないよね。

今回使った商品

枝付き干しぶどう(金パック/スタンドタイプ)
枝付き干しぶどう(金パック/スタンドタイプ)
Mojave Gold Flame Raisin Clusters
記事ライター
柳川かおり
栁川かおり
医師、料理家。
2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。
2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

pagetop