Nuts Letter

料理家 栁川かおりとデルタ編集部がナッツ・ドライフルーツのある生活をご紹介します。

殻つきアーモンド。
カテゴリ: おやつ, 栁川かおり, アーモンド

殻つきのアーモンドを初めて見ました。もちろん、いつも食べているアーモンドの状態のまま木になっているとは思ってはなかったけれど。
こうやって殻つきを改めてみると、種だったんだなぁということが想像できる。子供たちと一緒におやつに食べてみることにしたのだけれど、食べる前にいろんな疑問がたくさん出てきたのです。

アーモンドって何の種? アーモンドの実もあるの? 実は木に生ってるの?
このままだと気になって落ち着いて食べられない! 食べるのは少しお預けで、ちょっとだけ調べてみることに。

アーモンドは小さなグリーンの実。オリーブの実にも似ているのかな? その実の中の種がこのアーモンド。種は殻につつまれて入っているけれど、いつもはその固い殻の中身を食べてるんだよね。今までこの姿しか見たことがなかった子供たちも、疑問にさえ思わなかったこと。よく考えたらこの姿のまま生ってるわけはないもんね。殻つきのアーモンドのおかげでそんな気づきがあった。

殻はそんなに固くないから、子供でも簡単に割れて落花生の皮を剥くような気分。殻つきのまま炒って塩味もつけているおかげか、中の
アーモンドの塩分が優しい。その分甘さをしっかりと感じるのかもしれないね。これはビールと一緒に!と、いきたいところだけれど。実はビールは苦手な私で。おやつにお酒を飲むわけにもいかないしね。

そんな我が家は炭酸水を常備。無糖のものだからお水代わりに飲んでいるのです。炭酸水だけでもいいけれど、ここに自家製のシロップがある時はソーダ割りもおいしい。この日はちょうど金柑のはちみつ漬けがあったので、これを炭酸で割って金柑ソーダ。

塩味のアーモンドに、ほんのり甘くてフルーティーな金柑ソーダの組み合わせは無限に食べられそう。どんどん食べたくなるけれど、そこで殻をむくひと手間があるとペースダウンできていいね。ゆっくり味わえるだけじゃなく、食べ過ぎ防止にもなって一石二鳥。

食べた分、殻もしっかり出てくるから、殻が山盛りになってくるとなんだか恥ずかしくなる。おかげで程よい量でおやつタイム。
つい食べ過ぎてしまう私には、ぴったりかも。

今回使った商品

殻付きアーモンド
殻付きアーモンド
Calfornia in Shell Almond
記事ライター
柳川かおり
栁川かおり
医師、料理家。
2児のママ。出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。
2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。

pagetop